インタビュー

お客様からいただいたパワーブリーズに関するご意見・ご感想やインタビューです。

使用者の声


阿見アスリートクラブとしてパワーブリーズを導入したのは、2008年度後半からです。 パワーブリーズの効果は、呼吸筋を鍛えるだけでなく、緊張感をほぐす、集中力が増すことについて実感しています。
2011年からは、全員で練習時に活用するようにして、マイパワーブリーズを練習のツールにしています。
また、試合当日の招集所でのアップに使用しています。選手たちからは、 「呼吸が整うことにより緊張感が無くなる」「気持ちがリラックスできる」などの声があがっています。 今やクラブ実績を支える秘密兵器になっています!

【阿見アスリートクラブについて】
茨城県阿見町にある陸上競技のクラブチームです。
会員数は約600名。幼稚園、小学生から大学生、大人までの「世代間育成システム」が特徴で、日本代表選手を輩出するなど全国的に注目を集めています。

阿見AC楠理事長・監督の長男・楠康成選手は、竹来中3年時冬よりパワーブリーズを導入。その後、東洋大牛久高を経て現在は小森コーポレーションに所属している。

現在の専門は1500m。
中長距離を走れる選手として2016年のリオデジャネイロオリンピック、 そして、2020年の東京オリンピックを目指すステージに立っています。

【最近の主な戦績】
2012年 日本ジュニア選手権1500m優勝 
      アジアジュニア選手権日本代表 
2013年 日本選手権1500m2位入賞
2014年 日本選手権1500m4位入賞 
      国際国別対抗デカネーション1500m日本代表
2015年 日本実業団陸上1500m3年年連続入賞 
      ニューイヤー駅伝3区、都道府県駅伝3区区間7位
      など

高校卒業後、小森コーポレーションに入社後の活躍は目覚ましく、JISS(国立スポーツ科学センター)で行われている日本トップレベルの中距離選手の体力測定において、呼吸の吸う力が著しく高い数値を示しています。

乳酸素系の測定において、効率的に力を出す能力の数値も飛び抜けているとのこと。
まだ、それが走る能力にどう生かせるかはこれからだということですが、ジュニアの時代に身体の土台づくりをしてきたその中に、パワーブリーズが関わっていることは確かだと思います。
(阿見AC 楠理事長・監督談)

・パワーブリーズを先日購入して2週間経ち、過呼吸があった呼吸もだいぶ楽になってきました。これからも引き続き使っていきます。ありがとうございます。20歳代 男性 2012年8月

・B'zの稲葉さんが使っていると聞き、試してみたくなりました。25歳未満 男性 2011年11月

・カラオケや詩吟の発声練習にと娘からプレゼントされました。吸気に負荷がかかってmuch better.65歳以上 男性 2011年9月

・TELにて説明いただきました。大変ていねいに対応いただきありがとうございます。もっとたくさんの人にこの商品が使用されるとよいですね。35-44歳 男性 2011年3月

・肺炎を起こしやすいので、呼吸筋・横隔膜の働きをUP出来るかと。65歳以上 男性 2008年9月

・ピークフロー値が年令標準値より低く、急坂登坂時に胸が苦しくなるので、改善が見込めるのではないかと思い購入した。65歳以上 男性 2008年5月

・喘息、息切れがなおらず新聞でパワーブリーズを見て使ってみようと思いました。
65歳以上 男性 2008年3月

・息切れを改善するため。65歳以上 女性

・もっとたくさんの人にが使うといいですね。35-44歳代 男性

・産経新聞別刷通販広告を見て使用してみたかった。60歳以上 男性

・声を出したくても出なかったので、是非パワーブリーズを使って、声を出す練習をしてみたいと思います。? 歳代 男性

・人と話がしづらく、声が出しにくいので、声が出せるようになりたいと思い買ってみました。
65歳代 女性

・妻の元気な声が聞きたくて買いました。50歳代 男性

・毎日欠かさず続けています。以前は肩で息をしていたのですが、今は喉で酸素を取り入れられるようになりました。本当に有難うございました。50歳代 男性