【呼吸トレーニング】 呼吸を快適に!

「パワーブリーズ」は横隔膜、肋間筋などの呼吸に使用する筋力を鍛えるハンディ型の器具 運動中の呼吸を快適にし、持久力をアップすることができるため、運動能力の向上につながります。

パワーブリーズとは腹筋、背筋、横隔膜を強化する肺機能強化トレーナーです。

持久力・パワーともにアップさせ、運動パフォーマンスをスピーディに向上させます。

2003年世界ラグビー選手権大会で優勝を果たした英国チームは、選手交代前にパワーブリーズを使ってウォーミングアップしています。持久力を必要とするイギリスの自転車選手やボート競技選手などの多くがパワーブリーズを活用し、タイムを4.6%も縮めることに成功。これは研究結果として発表されています。

パワーブリーズはスポーツ選手だけのものではありません。日常生活で運動不足を感じている方にも最適。さらに歌手、舞台俳優、管楽器演奏者にいたるまで、呼吸を大切にする多くの方々に愛用されています。

パワーブリーズによって鍛えられる呼吸筋肉

呼吸筋、特に横隔膜は呼吸だけではなく、上半身を安定させ、体をねじる役割を果たします。 アスリートはパワーブリーズで呼気筋肉を45%も強化させています。

パワーブリーズは高機能を小型・軽量なボディに収めることで、大型器具を設置しているジムなどに通うことなく、いつでもどこでも手軽に呼吸能力強化のトレーニングができます。

呼吸のために使われる筋肉はこんなにあります。
空気を取り入れるための内助間筋、吸い込んだ空気を押し出す外助間筋をはじめ、呼吸全体にかかわる横隔膜まで、これらの呼吸筋をパワーアップし、同時に持久力を高めるのがパワーブリーズです。
パワーブリーズでの呼吸筋トレーニングは難しいことは何もありません。1日2回30呼吸だけであなたの呼吸筋を強化し、効果を実感できるでしょう。

パワーブリーズの働き

負荷調整バネを呼吸の改善度に応じて調整することで、内蔵パルプシステムが呼吸量をコントロールします。トレーニングの段階的パワーアップが目指せます。

① 持久力&運動パフォーマンスを4週間で向上を実証。

② 世界のトップアスリート達がインナーマッスル強化トレーニングに使用

③ 呼吸トレーニングはスポーツ選手から高齢者まで効果的に使用できます

④ 高機能を小型・軽量なボディなので、手軽にどこでも効率良く呼吸筋を強化出来ます

呼吸筋トレーニングによる運動能力向上率の臨床実験

息が切れてしまえば、運動がつらくなり、辞めざるをえない場合があります。 しかし、呼気筋トレーニングをすれば呼吸に関する疲労また、全身の疲労が減少しますので、運動が楽しくなり、 長く続けられるようになります。

パワーブリーズでトレーニング後のタイムトライアルシミュレーションの結果向上